高校留学

アメリカ

アメリカ公立高校短期留学

  お問い合わせ お申し込み

アメリカの非営利団体の運営による公立高校への短期留学プログラムです。半年間(5ヶ月)、または1年間(10ヶ月)、アメリカの公立高校に通い、多くのことを吸収していただけます。非営利団体による運営、またホストファミリーはすべてボランティアで生徒さんを受け入れてくださいますので、料金もお安くなっております。ご参加に当たりましては、以下の条件等をご理解いただいた上でご検討ください。

    お申し込みにあたっての条件
  • ・1989年3月10日から1992年8月1日生まれの方(2007年9月スタートのプログラム)
    ・1989年8月10日から1993年1月1日生まれの方(2008年1月スタートのプログラム)
    ・高校生(プログラム開始日の3ヶ月前に高校卒業している方は追加料金$250にて受け入れ可能な場合もあります)
    ・申込み期限以降に申請され、受入れを許可された場合、追加料金として$350申し受けます。
    ・SLEPのスコアが45点以上
    ・アメリカ担当機関により、事前に生徒さんへのインタビューを行い、志望動機、英語力などを審査いたします。
    ご注意点
  • ・基本的に、留学先の地域を選択することはできません。しかしながら、追加料金US$300にて留学先のエリア(6グループ)のご希望を出すことも可能です。ただし、9月入学の方の場合は3月15日、1月入学の方の場合は10月15日までに申請してください。
    ・ ホストファミリーは、ご両親が揃っていらっしゃらない、またはお子さんのいらっしゃらないご家庭となる場合もあります。また、人種や宗教、出身地なども様々で、生徒さんのご希望をうかがうことはできません。
    ・ 手配先のホストファミリーをキャンセルなさる場合、プログラム自体のキャンセル扱いとなります。(キャンセル料が発生いたします)
    ・ 各高校の判断により、生徒さんのレベルに合った学年へ入学していただきます。必ずしも日本の学年と同学年になるとは限りません。
    ・ 学校の始まる1週間前までにはご到着ください。また、プログラム終了後、7日から10日後にはご帰国ください。
    ・ 日本からの航空券は往復航空券をお買い求めください。
    ・ フライトはホームステイ先最寄りの空港に到着される便をご指定ください。
    ・ ご到着の48時間前までにフライト情報をお知らせください。お知らせいただけない場合、緊急手配費用$100が請求されることになります。 ・ アメリカ滞在中、自動車を運転することはできません。
    ・ プログラム期間中に家族や友人が生徒さんを訪れることは基本的にできません。担当機関の許可書が出た場合のみ許可されますが、原則としてプログラム終了2ヶ月前までは認められません。
    ・ プログラム中に、生徒さんは担当機関の許可書なしに1人で旅行することはできません。10ヶ月留学の方は1月1日、5ヶ月留学の方はプログラム終了時に旅行が可能となります。
    ・ プログラムの延長はできません。
    ・ プログラム開始後、各高校の判断(学力、英語力等の理由)によりプログラム継続が難しいとみなされた場合、プログラムを終了することもございます。その際に返金はいたしかねますので予めご了承ください。
    その他
  • ・ご到着後2週間以内に、オリエンテーションにて異文化理解、プログラム規則、ビザ、保険などに関しての説明がります
    ・担当者が1ヶ月に1回お電話にて生徒さんとのカウンセリングを行います。保護者の方には11月または12月、3月または4月、6月または7月の年3回レポートが郵送されます。
    日 程
  • 5ヶ月プログラム 1学期:7月中旬・9月上旬〜1月中旬 / 2学期:1月上旬・下旬〜6月中旬
    10ヶ月プログラム: 7月中旬・9月上旬〜6月中旬
    出願締め切り日
  • ・2008年4月1日(9月入学の方)
    ・2008年10月1日(1月入学の方)
    ※こちらは協会への出願締め切りですので、弊社にはその1ヶ月前までにお申し込みください。
    申請書類
  • 1. 生徒用申請用紙 2. 保護者用申請用紙 3. 先生からの推薦状 4. 健康診断書 5. インタビューレポート(ホームステイ質問用紙、英語評価) 6. 過去3年間の成績証明書(英文/日本文) 7. 保護者・生徒の同意書 8. ホストファミリーへの手紙 9. パスポートサイズの写真3枚 10. 家族のアルバム
    料金に含まれるもの
  • 登録費、学費、ホームステイ滞在費、ホームステイ先の最寄の空港からステイ先までの往復送迎、オリエンテーション、現地カウンセリング、医療保険、SEVIS Fee、プログラム手配費、サポート費