キャリア留学

シドニー

オーストラリア・日本語教師養成コース

お問い合わせお申し込み

世界中の生徒に日本語を教える職業「日本語教師」。近年、多くの国々で日本の様々な文化が取り入れられるようになり、日本語に興味を持つ外国の人々が増えています。またそれと共に、海外で日本語や日本文化を教えてみたいという声も多く聞かれ、日本語教師という職業が注目されています。 こちらのプログラムでは、日本語で日本語を教える方法(直説法)をオーストラリアで学ぶことができます。オーストラリアは親日家でもよく知られ、日本への関心も高く、日本語教育が盛んな国です。そのため、日本語教育環境が整っているので日本語教師として学ぶには最適です。また日本で学ぶのとは違い、オーストラリアに滞在しながら現地の文化に触れ、日本文化と比較しながらなど効率的に習得することも可能です。
プログラムは本格的に学べる「420時間コース(約12週間/日本の教育機関が日本語教師になるために必要とみなしている学習時間)」に参加していただけます。420時間コースでは実際に日本語を学習している生徒に教えていく機会が設けられていますので、より仕事につながる経験ができるのも魅力です。

    [ 420時間コース ]
    開催場所
  • オーストラリア・シドニー
    プログラム開講日
  • 詳細につきましては、お問い合わせ下さい。
    プログラム内容
  • プログラムは講義中心の「セクションA」と、課外活動が中心の「セクションB」の2つのセクションがあります。日本語教師について本格的に学びたい方に最適です。
  • 【セクションA】
    基本的な指導法
    ・文字 ・動詞、存在動詞 ・形容詞、形容動詞 ・接続詞 ・副詞 ・使役表現 ・受身表現 ・自動詞、他動詞 ・デモンストレーション ・その他 理論 ・実践で役立つ、的を絞った
    理論
    ・日本とオーストラリアなどの文化について ・クラスマネージメント
    練習のさせ方
    ・問題、課題の作り方(アクティビティ、エクササイズ) ・聴解教材の使い方 ・読解教材の使い方 ・デモンストレーション
    【セクションB】
    異文化、異言語体験
    ・エクスチェンジ ・地元の人たちとの交流(パーティ、スポーツ) ・日本語以外の言語体験 ・ホームステイ
    実習
    コース受講中、実際に日本語を学習している学習者に対して、日本語を教える機会を設けています。(実習前にはデモンストレーションテストあり) 事前にクラス活動のプランを立て、作った教材を使って実習をします。そして、実習後はレポートを通して改善点などについて考え、次回に役立てます。また、コース終了後、アシスタントプログラムに参加してさらに実習をつむこともできます。
    教え方のプランと、テキスト、教科書研究
    複数の教科書の内容を研究し、総まとめの課題として指導プランを提出します。 (細かい内容についてはコース受講時に説明されます。) 実際に教師として働く際、プランニングの幅が広がります。
お問い合わせ お申し込み